診療・検診内容
about

院内検査、設備のご紹介

中村内科医院の設備をご紹介します。

内視鏡検査(胃カメラ)検査

内視鏡検査(胃カメラ)検査

食道がん、胃がんなどの悪性腫瘍のほかに逆流性食道炎や胃・十二指腸潰瘍、急性胃炎やピロリ菌感染の有無などの診断を行います。

当院ではオリンパス社製の最新内視鏡システム(EVIS LUCERA ELITE)を導入しています。従来の内視鏡システムと比較し、画質・観察性能が大幅に向上しました。特殊光観察(NBI)の併用により精度の高い検査が可能です。

当院では、経口内視鏡(口からの検査)と経鼻内視鏡(鼻からの検査)での検査が可能です。検査が苦手な患者様には、鎮静剤(緊張を和らげる注射)を使用して検査をすることも行っております。

 
経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡検査とは、鼻から胃カメラを挿入する方法です。直径5mm程度の内視鏡を鼻から挿入することで、スコープが舌根部に触れないため、咽頭反射がおきにくく、比較的楽な検査が受けられます。

*鼻腔の狭い方には、挿入ができない場合もあります。

経口内視鏡検査

経口内視鏡検査とは、従来の内視鏡検査方法で、スコープを口から挿入する方法の検査です。

当院では、楽に検査を受けて頂く為に、麻酔下での検査を希望の患者様には、静脈注射で鎮静剤を使用することも可能です。咽頭反射の強い方、検査に対する不安の強い方にはおすすめ致します。

*検査終了後は麻酔が覚めるまで休んでいただきます。検査当日は車の運転は出来ません。

 
 
レントゲン検査

レントゲン検査

肺がん、肺結核、肺炎、気管支炎、肺気腫など肺の病気、腸炎、便秘、腸閉塞、腎結石など腹部の病気、そのほか心臓肥大、大動脈瘤などを調べることができます。また、手の骨を撮影して骨粗鬆症の指標である骨密度の測定も可能です。

 
血液検査(血球計測装置・CRP測定装置)

血液検査(血球計測装置・CRP測定装置)

院内で白血球数や赤血球数、血小板、白血球、CRP(体の炎症反応の程度を示す数値)の迅速検査可能です。貧血の診断や気管支炎、肺炎、扁桃腺炎、胆嚢炎、急性胃腸炎などの感染症の診断に役立ちます。(その他の肝機能、腎機能、コレステロール、中性脂肪などの検査項目は外注検査になります。)

 
エコー(超音波)検査

エコー(超音波)検査

エコー(超音波)検査には、以下の2種類がございます。

 
 
腹部エコー検査

腹部エコー検査では、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓などの臓器を観察します。下腹部では、膀胱、前立腺、子宮、卵巣の観察も可能です。X線と違い被ばくの心配がないので、短期間にくり返し行える特長があります。

頸動脈エコー検査

頸動脈エコー検査では血管の壁(内膜)の肥厚や狭窄の有無を調べます。頸動脈の動脈硬化が進んでいる場合、ほかの部位の動脈硬化も進んでいると考えられ、動脈硬化が原因となる心筋梗塞や脳梗塞などの病気が発症する危険度を推測することができます。